Menu
Close

株式会社 東京建材検査サービス

試験機関及び検査機関登録制度

高強度コンクリート採取適合機関って?

コンクリート採取試験会社登録制度規定

建築物の工事における試験及び検査に関する東京都取扱要綱(以下「要綱」という。)に基づき、東京都内の建築工事現場において、コンクリート供試体の採取・作成・運搬及びその他の検査に伴う業務(以下「採取試験業務」という。)を施工者等に代わって行う採取試験会社(要綱第2条第2項にいう「代行業者」。)を登録することにより、東京都建築材料試験連絡協議会(以下「東試協」という。)の会員試験機関が行う正確かつ公正な試験の信頼性の向上に資するとともに、建築工事に於けるコンクリート強度確認検査の品質管理の信頼性の向上を図ることを目的としています。

高強度コンクリート採取試験会社審査基準

一般審査の業務能力に加えて、コンクリートの設計基準強度が36N/mm2を超える高強度コンクリート、高流動コンクリート等の高性能コンクリートについても採取可能な採取試験会社としての業務能力の適合性を審査する基準である。

ページの先頭へ